--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.28 Thu
いやはや。
昨日家に戻りましたー。
メールをくださったお友達、どうもありがとうございます。

落ち着いたら、お返事をします○
すみません、しばしお待ちを。。○



さて。
私がいない間、やはりサポートしてくれていたのは義姉でした。
夫と私の家族で、最もぶいが慣れているので
義姉が世話をしてくれていると聞いたときは安心しました。
姉さま、どうもありがとうございました!


そんなわけで、昨晩は夫と義姉が散歩にいき
今朝は姉さまが、ぶいの散歩にいってくれました。


わたしの帰宅時は、ちょうど朝の散歩中だったようで、家には誰もいませんでした。
とりあえず荷物を片付けていると、、義姉とぶいが帰宅!
なんだか散歩の途中でわたしの匂いを感知したらしく、
マンションに入りエレベーター内では鳴きだしていたそうな。。ぶいけん!涙。


再会の瞬間!
しかしここはサラリと交わすのがベストだと本で読んだことがあったため、
普通のお留守番のときのように接しました。
時間が経ってから、少しずつ嬉しい気持ちを見せるのがいいみたい。


でまあ、ぶいけんは喜んでいるもののどこか他人行儀…。
このこが耐えられたのはちょっとびっくり。そして嬉しい!


夕方、定時に退社したひげくん。
実は…とやはり隠していたぶいの事実を教えてくれました。。


最も心配していた嘔吐、これはほんとうにゼロ!
けれど、退院前夜。
ぶいは部屋にシーをしはじめたそうで。トイレ以外にすることは普段ありません。


それをみた夫は、やっぱり相当ストレスだったかと
夜に義姉といっしょに公園でサッカーをしてきたとのこと。
ちなみにひげくんは、他の日にも夜中遊びに連れていってくれていたのですが
粗相をしてしまったぶいの表情がすべてを物語っていたといっておりました。


前々から入院の予感はしていたので
ぶいをひとりにさせる時間は長めにしていたんですが…全くいなくなるのはやっぱり大変ですね。


ベッタリなつもりはないんですが、やっぱりどうしても構いたくなっちゃう私もいけないなと反省しました。


ぶいくん、
長いお留守番ご苦労であった!
どうもありがとう○


スポンサーサイト
2010.10.24 Sun

急遽早まってしまった入院と手術日。。
ぶいけんの強い味方、義姉に世話を頼んだものの
すべてが白紙になってしまった。


今のところ夫がみてくれてるけど、彼が病院をいったりきたりしていて
ほんとうに申し訳ない。


昨日と今日は
ぶいを病院の近くにある公園につれてきてくれた!
少ししか離れてないのに、
ぶいが見えたときは
思わず泣いてしもうた。


帰りは、守衛さんが許可してくれて敷地内のベンチまで入れたぶいけん。


ひげくんと、仲良く暮らすのだよー!
頑張って、すぐ帰るからね。
しぃこ独り言。イタグレおさんぽ。お友達けん。病院。おうちのひととき。りょこう。ごはん。おでかけ。ドッグカフェ
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。